エクス・マキナ

2017.03.23 Thursday

0

     

    この映像クオリティ

     

     

    賛否両論あるようですが、私は非常に好きな映画でした。驚きと衝撃だけがエンターテイメントだと思って映画をその視点からしか観ない人は「つまらん」と思うかもしれん。この映画の重要な部分はそこじゃないからな。

     

    ※以下ちょいネタバレ注意

     

    まず、AIが服を着た後も完全に全身が服で隠れておらず(襟元から中身チラ見え)、常に「未完」感が見え隠れしているので、メインAIであるエヴァ役のアリシア・ヴィキャンデルが服を着込めばハイCGいらない!とはいかない。最後の最後の見せ場のために、ここであえてそういう未完成状態を見せていたのかなと勘繰っています。その為に、その部分もがっつり作りこまねばならなかったひとつひとつのシーン全てがすごいと感じました。

     

    あとキョウコも名演技です。踊りだした時と日常のギャップで「これはもしかしたら」と気付く人は多いはず。

     

    数多のレビューでは、社長であるネイサンがド変態扱いされていますが、私的に思うのはそういう自分に必要なものを作り上げるところから始まる商売も多いので、行く行くはそういった用途も含め製品化する為の研究開発だったんじゃないの?と。

     

    近未来SFは、作り手が好きに創造し放題だからこそ見る側も斬新なストーリー展開を求めがちですが、ここまでリアリティを追求してなおAIと人間との明確な差を打ち出して(ある意味衝撃)、ラストに至ってはどうやってヘリに乗ったんや?とそこでもまた想像を張り巡らさざるを得ない高揚感と恐怖感を植えつけたこの作品はすげえなあと思った次第です。

     

    自分がいつの間にかケイレブの心情と重なって、同じような疑いであったり情であったりと色々な感情に疑心暗鬼までついてきて、自分だったらこう思うなと思っていたらケイレブも同じ事を思っていて実行に移したりと、心理的サスペンス感が強かったように思います。

     

    斬新なSFが観たい人は、エクスマキナよりもインターステラーとかアイランドとかそっち系が良い。

     

     

    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ JUGEMテーマ:洋画